2004年12月15日

性病(性感染症)のQ&A 淋病の治療

Q.淋病は薬局で売っている合成抗菌剤でよくなりますか?

A.性病(性感染症)全般に言えることですが、生兵法は怪我の元です。薬局で買える合成抗菌剤は古いタイプの膀胱炎の薬ですので、淋菌感染症は治りません。

性病(性感染症)のなかでも淋菌感染症は男性にとっては痛い感染症ですね。
淋菌を治療するには専用の抗生物質や最新の抗菌剤を使った治療を受けなくてはなりません。淋菌は薬に対して耐性ができてしまうので中途半端に治療をすると逆効果です。

淋菌がより強力になってしまって薬が効きません。

性病(性感染症)に感染したと思うと心が重いでしょうが、病院にいきましょう。
posted by 性病検査アイ・ラボ at 18:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

性病(性感染症)のQ&A 梅毒

Q.梅毒はどんな病気ですか?性病(性感染症)なので性行為をしないと感染しませんか?

A.梅毒は細長いラセン型の細菌です。性病(性感染症)の一種です。細菌の大きさは10の-2乗mmと細菌としては大きく、活発な錐もみ様の回転運動を行います。

梅毒は、人で増殖するほかに、ウサギの睾丸に接種することで増殖させることに成功しています。しかし、試験管内での増殖は成功していないため、病原性の機構は殆ど解明されていません。梅毒は、高温、低温、乾燥にも弱く簡単に死滅し、石鹸水などでも簡単に死滅することが知られています。

性病(性感染症)全般に言えることですが、弱い菌が多いのでそれほど神経質になることは無いと思います。

posted by 性病検査アイ・ラボ at 17:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

性病(性感染症)のQ&A 性器ヘルペス感染症の症状は?

Q.性器ヘルペス感染症の症状を教えてください。

A.ヘルペスウイルスは初感染する時期によって、その症状の度合いは大きく変わります。

日本人の場合、多くは幼少期に初感染ます。症状が軽度であったり、自覚症状を伴わない場合が多いです。

しかし、成人が初感染した場合は重症になることが多いです。近年では、ヘルペスウイルスに感染せずに成人に達する人も増えており、性器ヘルペスに悩まされる人も多くなっています。

症状も初感染と再発では初感染の方が軽いとされています。

症状などは「性感染症(性病)について」をご参照下さい。

詳細は
  クラミジア
  淋菌感染症
  性器ヘルペス
  尖圭コンジローマ
  トリコモナス
  カンジダ
  細菌性膣症
  子宮頸癌
にも書いてあります。


----
同じようなケースでの質問がある方はコメントを下さい。
そちらで回答します。
できるだけ、内容が近い記事に書いて下さいね。
 性病検査アイ・ラボ
posted by 性病検査アイ・ラボ at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

性病(性感染症)のQ&A のどのクラミジアの症状と検査

Q.のどのクラミジアは婦人科で診てもらえますか?

A.性病(性感染症)の中でもクラミジアは自覚症状がありません。
多少の痒みがあるか、ほとんど無症状です。
でも、甘く見て放置しておくと不妊症・早産・流産の原因になります。

オーラルセックスでのどにクラミジアが感染すれば咽頭炎などをおこします。
風邪のような症状がでます。咽頭の感染はそれようのうがいの液や綿棒での採取を
しての検査や治療が必要ですので、医師に相談してみるか咽頭用の検査を
受けるようにしましょう。

性器にクラミジアがいなくても咽頭にクラミジアがいる場合があります。
症状などは「性感染症(性病)について」をご参照下さい。

詳細は
  クラミジア
にも書いてあります。


----
同じようなケースでの質問がある方はコメントを下さい。
そちらで回答します。
できるだけ、内容が近い記事に書いて下さいね。
 性病検査アイ・ラボ




posted by 性病検査アイ・ラボ at 15:55| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毛じらみの治療中は性交渉ができない??

Q.毛じらみの治療中は性交渉ができないと聞きました。なぜですか?


A.毛じらみも普通の性感染症(性病)と同様にパートナーに性交渉によって感染します。
ということは片方が治療をしてもパートナーが治療していない場合、
パートナーから性交渉の際に毛じらみがうつってしまいます。

その為、毛じらみの治療は他の性感染症(性病)と同様にパートナーと同時に
治療をしなくてはなりません。また、その間は性行為はできません。

家族で毛じらみがある場合には家族全員にいっせいに治療をします。


症状などは「性感染症(性病)について」をご参照下さい。

詳細は
  クラミジア
  淋菌感染症
  性器ヘルペス
  尖圭コンジローマ
  トリコモナス
  カンジダ
  細菌性膣症
  子宮頸癌
にも書いてあります。


----
同じようなケースでの質問がある方はコメントを下さい。
そちらで回答します。
できるだけ、内容が近い記事に書いて下さいね。
 性病検査アイ・ラボ
posted by 性病検査アイ・ラボ at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

性病(性感染症)のQ&A 疥癬

Q.疥癬について教えてください。

A.疥癬の原因はダニです。ビゼンダニが原因です。赤いブツブツした発疹ができます。非常に痒いです。主に性行為で感染しますが、通常の接触でも感染します。

大勢で合宿などをして、雑魚寝をすると感染してしまうことがあります。

症状などは「性感染症(性病)について」をご参照下さい。

詳細は
  クラミジア
  淋菌感染症
  性器ヘルペス
  尖圭コンジローマ
  トリコモナス
  カンジダ
  細菌性膣症
  子宮頸癌
にも書いてあります。


----
同じようなケースでの質問がある方はコメントを下さい。
そちらで回答します。
できるだけ、内容が近い記事に書いて下さいね。
 性病検査アイ・ラボ


posted by 性病検査アイ・ラボ at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

性病(性感染症)の消毒

Q.性感染症(性病)の消毒はどのような物で消毒してら一番いいのでしょうか?
特に性交後の消毒は何を使えばいいのでしょうか?

A.性感染症(性病)を予防したいのですが、という質問が結構寄せられますが、
基本的に、完全に予防することはできません。コンドームを使用するなどして
物理的な接触を避けましょう。

現在、アメリカでは性感染症(性病)のワクチンを開発中です。
それができれば、該当する性感染症(性病)には感染しなくなりますが、
商品化されるのはだいぶ先のことになりそうです。

性感染症(性病)は洗ってきれいにすれば感染しないと言うものでもありません。
第一、尿道や子宮頸部までは洗えませんし、子宮や膣は洗いすぎが病気のもとに
なることも少なくないのです。


症状などは「性感染症(性病)について」をご参照下さい。

詳細は
  クラミジア
  淋菌感染症
  性器ヘルペス
  尖圭コンジローマ
  トリコモナス
  カンジダ
  細菌性膣症
  子宮頸癌
にも書いてあります。


----
同じようなケースでの質問がある方はコメントを下さい。
そちらで回答します。
できるだけ、内容が近い記事に書いて下さいね。
 性病検査アイ・ラボ
posted by 性病検査アイ・ラボ at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

性病の症状 1期梅毒

Q.梅毒の1期梅毒の症状を教えて下さい。

A.梅毒に感染して約3週間後に梅毒トレポーマが進入した部位に初期硬結をへて
硬性下疳と呼ばれる潰瘍になります。硬性下疳は軟骨のような硬さの病変になります。

梅毒の初期は、痛みがないので見過ごされることも多いです。

一応、1期梅毒から4期梅毒まで分類されていますが、現在のところではあまり
意味はありません。また、3,4期梅毒に至ることも余りありません。

----
同じようなケースでの質問がある方はコメントを下さい。
そちらで回答します。
できるだけ、内容が近い記事に書いて下さいね。
 性病検査アイ・ラボ



posted by 性病検査アイ・ラボ at 14:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毛じらみは自分で駆除できますか?

Q.毛じらみを見つけました。自分で剃毛すればよくなりますか?

A.基本的には安価で確実に毛じらみを駆除することができます。
一般的に性感染症(性病)は自分で治療できませんが、毛じらみの場合には
卵に気をつければ治療が可能です。

毛じらみは陰毛にすんでいますので、剃毛してしまえば駆除することができます。

ただし、陰毛に限らず、体の体毛や頭髪にも寄生している場合には駆除が難しい
ことがあります。また、卵は剃毛だけでは駆除しきれないことがあるので
卵が孵化して成虫になる3〜4週間のサイクルの間は剃毛した状態でいる
ことが望ましい。それでも難しいような時には薬剤を利用します。

症状などは「性感染症(性病)について」をご参照下さい。

詳細は
  クラミジア
  淋菌感染症
  性器ヘルペス
  尖圭コンジローマ
  トリコモナス
  カンジダ
  細菌性膣症
  子宮頸癌
にも書いてあります。


----
同じようなケースでの質問がある方はコメントを下さい。
そちらで回答します。
できるだけ、内容が近い記事に書いて下さいね。
 性病検査アイ・ラボ
posted by 性病検査アイ・ラボ at 11:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。